演目豆辞典

大衆演劇では様々な題材が取り上げられており、黎明期である江戸時代から、人気のある演目というのがいくつも生まれています。ここではそういった演目や題材について少しだけ説明します。もっとよく知りたくなったら、劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。ただ、劇団ごとに演出や脚本がアレンジされていることもありますので、その違いを見極めるのも観劇の楽しさの一つです。細かい用語などについては大衆演劇豆辞典をご覧下さい。

天野屋利兵衛
あまのやりへえ

江戸時代の商人で、忠臣蔵等に登場する人物です。大石内蔵助ら赤穂の浪人のために武器を調達しますが、奉行所にとらえられます。しかし討ち入りが成功するまでついに口を割らなかったという話です。「天野屋利兵衛は男にござる」等の名台詞で知られます。

実在した人物ですが、本来は討ち入り事件に全く関係のない人物だったようです。

その他の演目豆事典