演目豆辞典

大衆演劇では様々な題材が取り上げられており、黎明期である江戸時代から、人気のある演目というのがいくつも生まれています。ここではそういった演目や題材について少しだけ説明します。もっとよく知りたくなったら、劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。ただ、劇団ごとに演出や脚本がアレンジされていることもありますので、その違いを見極めるのも観劇の楽しさの一つです。細かい用語などについては大衆演劇豆辞典をご覧下さい。

上州土産百両首
じょうしゅうみやげひゃくりょうくび

正太郎は腕のいい板前でもあったが、スリの子分でもあった。幼なじみであった牙次郎と再会したことで、二人は真面目に働こうとするのだが…。

川村花菱の戯曲です。「月夜の一文銭」というタイトルになることもあります。

  • 正太郎
  • 牙次郎
  • 清次郎

その他の演目豆事典