演目豆辞典

大衆演劇では様々な題材が取り上げられており、黎明期である江戸時代から、人気のある演目というのがいくつも生まれています。ここではそういった演目や題材について少しだけ説明します。もっとよく知りたくなったら、劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。ただ、劇団ごとに演出や脚本がアレンジされていることもありますので、その違いを見極めるのも観劇の楽しさの一つです。細かい用語などについては大衆演劇豆辞典をご覧下さい。

殺陣師段平
たてしだんぺい

新国劇を旗揚げした役者、澤田正二郎。頭取(楽屋の世話役)となった市川段平は、酒と女と立ち回りのことしか頭に無い無学な老役者。澤田はリアリズムのある芝居を求めており、立ち回りにもそれを求めるのだが…

長谷川幸延が1949年(昭和25年)に新国劇のために製作した戯曲で、その後黒澤明脚本・マキノ雅広監督によって2度映画化されています。大衆演劇の祖とも言われる新国劇草創期を扱った話でもあり、大衆演劇とは関連も深い演目です。

  • 市川段平
  • 澤田正二郎

その他の演目豆事典