演目豆辞典

大衆演劇では様々な題材が取り上げられており、黎明期である江戸時代から、人気のある演目というのがいくつも生まれています。ここではそういった演目や題材について少しだけ説明します。もっとよく知りたくなったら、劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。ただ、劇団ごとに演出や脚本がアレンジされていることもありますので、その違いを見極めるのも観劇の楽しさの一つです。細かい用語などについては大衆演劇豆辞典をご覧下さい。

俵星玄蕃
たわらぼしげんば

赤穂浪人である杉野十平次は、蕎麦屋に身をやつして吉良邸の様子を探っていた。そんな十平次の蕎麦屋の常連となったのが俵星玄蕃という浪人。客とかりそめの店主という間ながらも、二人は親しくなるのだが…

もとは文化年間(1804年-1818年)に成立した講談で、いわゆる忠臣蔵ものの一つです。三波春夫の楽曲「編歌謡浪曲 元禄名槍譜 俵星玄蕃」は歌唱時間10分近くになる大作で、代表曲の一つでもあります。大衆演劇ではショーの際に用いられ、槍を使った演舞が見所です。

  • 杉野十平次
  • 俵星玄蕃
  • 大石内蔵助
  • 吉良上野介

その他の演目豆事典