大衆演劇ファンとともに 大阪市内で観劇後のご滞在はホテルピボット・みかど・来山
役者さんにプレゼントしよう!タペストリー・応援グッズはこちら
特集 特集 南ファミリー劇団 活動40年・四世代家族が織りなす 3月公演

特集南ファミリー劇団活動40年・四世代家族が織りなす3月公演

総勢19人・四世代の家族で構成される南ファミリー劇団。
旅回りではなく香川県に拠点を持ち、平日はそれぞれ別の仕事をこなし、週末に稽古をして舞台に立つ。
海外公演も多数。
そんな他に類を見ないユニークな興行スタイルを40年続けています。

現在、三代目山口英二朗座長を筆頭に”花の7兄弟”が織りなす舞台とは。
3月公演の舞台模様をお届けいたします!

ログインして記事を見る

南ファミリー劇団

香川県で活動する、全員が四世代の家族という、大変ユニークで、全国でも珍しいプロ集団。
1981年、初代山口英二朗が結成。お芝居の種類は親子愛や兄弟愛をテーマにした約100演目。福祉施設での慰問活動やチャリティー公演、自治体の教育委員会から依頼を受け、社会教育にも貢献。また15回を超える海外公演を行い、民間サイドでの国際親善大使としても活躍。 メディアにも数多く取り上げられ、劇団の活動拠点である「芝居茶屋新道しるべ」で毎週日曜に行われる定期公演には、全国からファンが訪れる。
1983年2月、次男淳一が二代目山口英二朗を襲名。
2020年2月、三代目山口英二朗が座長襲名。
2021年7月、劇団結成40周年記念公演開催予定。

南ファミリー劇団公演予定

芝居茶屋 新道しるべ

香川県仲多度郡まんのう町買田494

芝居茶屋 新道しるべ公演予定