KANGEKI2021年9月号Vol.61

木戸番のエッセイ・天職先は大衆演劇!第8回澤宗小春~劇団澤宗~(5/5)

木戸番のエッセイ・天職先は大衆演劇! 第8回 澤宗小春 ~劇団澤宗~ (5/5)

劇団というものは、一夜限りの、何の実体もないまぼろしを作るために、役者が稽古に明け暮れる。そんな役者が日本中に1,000人以上いて、ほんの数時間のまぼろしの為に人生を捧げている。

小春がその末席をつとめているのは、間違いはない。劇団が「あがりゃんせ劇場」にいるのは1ケ月。その間、筆者は役者を見続けている。 小春は、日単位で変わっていく。芝居も踊りも、雰囲気さえも……。

もうひとり、小春が劇団「澤宗」の正式団員になってから変わった人がいた。 母親の容子である。

容子は、小春の初舞台は、とめどなく涙が出て、芝居も踊りも見えなかった。

「私の知らない世界にとびこんでいって、私には手もだせない。私は、ただただ、怖かった。失敗するじゃないかと。 でも、結局大切なのは、小春の気持ちだし、彼女の生きがいの見つけ方、わかりやすく言うと、彼女の人生なのにね……。いまは、素直によかったと思う」

小春が入団してからは、容子は一番の理解者であり、ファン1号である。

ところで、いっとき、一緒に劇団でがんばってきた妹は、どうしたのであろうか?

彼女は、興味の対象がかわってきた。 今は、美容関連の専門学校に通って、メイクアップアーティストを目指している。

とにかく、人生の岐路に立った選択は、摩訶不思議で興味深いものである。

澤宗小春(さわそう ちはる) 2021.5.27あがりゃんせ劇場

プロフィール

小野直人

小野直人おの なおと

生年月日 1953年

1953年 滋賀県大津市生まれ。日本大学・農獣医学部卒業。
小野牧場オーナー、総合学習塾 啓数塾塾長、構成作家(テレビ、ラジオ)を経て、現在は、あがりゃんせ劇場の木戸番として、多くの大衆演劇の劇団や幅白い大衆演劇のファンと交流をもつ。「KANGEKI」で「木戸番のエッセイ」を連載中。

アトムプリント Tシャツなど各種衣類へのオリジナルプリント
アトムボックス 衣装ケース メイクボックス
役者さんにプレゼントしよう!劇団プレゼント 販促・舞台グッズ