筑紫桃太郎一座 花の三兄弟

ちくしももたろういちざはなのさんきょうだい
筑紫桃太郎一座 花の三兄弟

公演情報

2017年3月の公演予定

大阪十三 遊楽館

大阪府大阪市淀川区十三本町1丁目16-19

2017年4月の公演予定

弥生の里温泉 弥生座

大阪府和泉市池上町1丁目696-1

2017年5月の公演予定

夢芝居

和歌山県岩出市森118-1

劇団紹介

昭和42(1967)年、当時4歳の筑紫桃太郎を座長に「歌丸劇団」として海田温泉(広島県)で旗揚げした。その後、北海道を中心に巡業するが、平成2(1990)年に地元の九州へと戻り、「筑紫桃太郎一座」として公演を始める。時代人情劇を中心とした芝居、ショー、口上など、すべてにおいて徹底した分かりやすさと親しみやすさが特徴。また近年では三兄弟である筑紫桃之助、博多家桃太郎、玄海花道の成長著しく、座長・弟座長・花形となり一座の顔となっている。 

劇団員情報

座長筑紫桃之助

ちくし もものすけ

筑紫桃之助
筑紫桃之助
PROFILE
生年月日1986年6月24日出身地福岡県
身長180cm
体重80kg
26.5cm
血液型B型
初舞台の年齢0歳
きっかけ親が役者だったから
好きな食べ物麺類
嫌いな食べ物なし
好きな色紫、白
香水ニナリッチ:イエロー
趣味ショッピング

弟座長博多家桃太郎

はかたや ももたろう

博多家桃太郎
博多家桃太郎
PROFILE
生年月日1988年8月11日

花形玄海花道

げんかい はなみち

玄海花道
玄海花道
PROFILE
生年月日1990年10月6日

頭取筑豊國太郎

ちくほう くにたろう

写真準備中です
PROFILE
生年月日1963年10月23日

劇団員+出演者

筑紫つばさ

筑紫つばさ

ちくし つばさ
生年月日1984年6月14日
筑紫あい

筑紫あい

ちくし あい
生年月日1991年2月1日
写真準備中です

筑紫れい子

ちくし れいこ
生年月日1955年2月22日
写真準備中です

筑紫まどか

ちくし まどか
生年月日1984年3月14日
写真準備中です

りおん

りおん
生年月日2009年7月22日
写真準備中です

れおな

れおな
生年月日2007年6月11日
写真準備中です

なつき

なつき
生年月日2006年8月6日
写真準備中です

らいあ

らいあ
生年月日2015年1月22日

劇団様よりご了承いただいた劇団員・出演者の方のみ掲載しております。

劇団ブログ

筑紫桃太郎一座 花の三兄弟からのお知らせです!

 
2017年3月23日

新門辰五郎一家が現代の大阪にタイムスリップ!?「まちに飛び出す旅役者」シリーズ第3弾・筑紫桃太郎一座花の三兄弟の向かう先は・・なんと

     

     3月22日、十三遊楽館にて公演中の筑紫桃太郎一座 花の三兄弟の皆さん・・・もとい、
    お江戸は浅草、町一番の火消しで知られる新門辰五郎一家の皆さんが、
    「カンゲキ」6月号の表紙に出てくださることになり、ロケ現場まで車でお連れします。ただいま辰五郎親方待ちです。

     

    さてさて、ロケカーはどこへ行くのでしょうか。右手には淀川の土手が見えておりますがー

     

     

    「はい到着しました!」

    「えっ、ここは?」

    「21世紀の浪花の町の火消し番所・東淀川消防署です!」

     

     

    最新設備の整った消防車に驚く辰五郎一家。

     

     

    「江戸の町にもこれがあったなら、大勢の民を救えたかもしれねえなあ」

     

     

    「そうだねえ、お前さん」(おかみさん)

    「かっこいいなあ」(若いもん)

     

    さてさて辰五郎一家、あまり時間がありません。何しろ夜の部の公演までに・・・
    いえ、辰五郎一家がいないと江戸の町が困りますので、早々に帰らなければなりません。
    さっさく撮影スタート「お願いしまーす!」

     

     

    花のお江戸の火消し一家と、平成は大阪の火消し番所との初コラボレーション。
    どんなショットが撮れたでしょうか??
    詳しくは掲載号発行までのお楽しみということで、ちらっとご紹介:

     

     

    うーん素敵な笑顔ですね・・・江戸にこの人ありと言われた新門辰五郎の笑顔は値千両。
    時代を超えて民の心を打ちます。ちなみに親分が手にしている「木遣り」は実際に使用されているものなんですよ。

     

    「あれ?うちの若いもんはどこ行ったんだ?」

     

    「親分〜、おいらならこっちですよう」

     

     

    「あらまあ」「おう、似合ってるじゃあねえか」(笑)

    ここで平成の火消し・東淀川消防署の消防士さん登場!

     

    一緒に入っていただきました。江戸VS浪花、甲乙つけがたい笑顔対決です。

     

     

    ・・・と、現代の火消しの方々に見守られながら、和やかなうちに撮影終了。

     

    最後に全員集合&記念撮影で、ちょうど時間となりました。

    名残惜しいですが、急いで夜の部までに劇場へ、いえ、江戸の町へお送りしなければなりません

     

     

    「お互い町衆のために尽くしましょうね」とおかみさん。

     

     

    新門辰五郎一家の皆さん、はるばるありがとうございました!

     

     

    この日撮影させていただきました写真は「まちに飛び出す旅役者」シリーズ第3弾として「カンゲキ」6月号(5月1日発売)に
    掲載予定です。
    ぜひ手にとってご覧くださいね!

     

    協力:大阪市東淀川消防署の皆様 ありがとうございました!

     

    筑紫桃太郎一座花の三兄弟 公演先

    3月 大阪市 大阪十三 遊楽館

    4月 大阪府和泉市 弥生の里温泉 弥生座

    掲載号