KANGEKI2021年9月号Vol.61

誕生日公演嵐山瞳太郎劇団芸道30周年目前!嵐山瞳太郎座長誕生日公演

劇場:梅南座取材日:2021年8月21日
誕生日公演 嵐山瞳太郎劇団 芸道30周年目前! 嵐山瞳太郎座長 誕生日公演

8月21日、嵐山瞳太郎座長の32歳の誕生日公演が梅南座にて開かれました。
お芝居「お祭り提灯」は劇団初挑戦。「とにかく楽しく」をモットーに掲げて8月公演に挑んだという瞳太郎座長。
9月から芸道30周年の節目を迎えるにあたり、色々企画を考えているそう。
お祝いムードいっぱいの舞台模様からインタビューまでお届けします!

お芝居「お祭り提灯」

あらすじ

 舞台は大阪。提灯職人の徳兵衛のところに、お祭りの世話役が寄付集めにやってきた。彼らが帰ったあと、徳兵衛は財布が落ちているのを見つけてびっくり。25両もの大金が入っていたのだ。

それを目ざとく見ていた高利貸しの山路屋幸兵衛から「山分けしよう」と持ちかけられ、一瞬迷う徳兵衛。
なんとか幸兵衛を追い返し、誰にも見つからないように提灯の中に隠したのだが…
さて25両の行方はいかに??
1幕2場の名作人情喜劇、劇団初上演!

配役

序幕 徳兵衛の店

金貸しの幸兵衛は金の亡者。
借金を返せない者から身包み剥がしてでも取り立てる
「利息がついて1両と2朱や」
あまりの強欲さに全員ドン引き
タダでもらえるものは
何でももらう幸兵衛。
今度は徳兵衛に煙草をおねだり
世話役が祭りの寄付集めに来る。
絶対払いたくないので存在を消す幸兵衛
「大根と人参、それから鯉も買うてくれんか」
お祭りから帰ってきた
おちかと丁稚の三太郎
「御旅所の人が怒ってはったわ
大根と鯉と人参、盗った人がおるんやって~」
財布を拾う徳兵衛
「ほんまにあんさんのでっか?」
「財布は全部わしのもんやっ」
中にはなんと25両の大金が。
「分けまひょうーー!」
「あきまへん!」
「この金があったらあんなもんもこんなもんも買えるなあ…」
徳兵衛も思わず 心の声が漏れる
自分のものにしたい気持ちを抑え
誰にも見つからないように提灯の中に隠す
「わしが見たら金、人が見たらカエルに化けるんやでぇ」
提灯に触れようとした女房おすみに恫喝する徳兵衛
「オンドリャ触るな言うたやろうが!!!」
徳兵衛が隠した財布を見つけたおすみ。
「それは徳兵衛さんが女郎を身請けするために貯めたへそくりと違うか」と大工の留吉
「あんた!そこに愛はあるんか?!」
赤い提灯には金槌、お金はくず紙に包んで上総屋の提灯に
「この赤い提灯、5両で買うた」
金槌の重みを金の重みと勘違いして喜ぶ幸兵衛「あるある~♪」
上総屋が提灯を取りにくる
「ゴミが入ってるで」
「捨てときます」
世話役が財布を探しに戻って来る。
しかし提灯が「ない!!!」
「佐助はん、寛太はん。わてと一緒に来ておくんなはれ!」
「上総屋さんは?」
「あっちー!」
「三ちゃん、ゴミ捨てて来たらお祭りに行ってもええよ」

第2場 川端

「ご隠居はん、待ちなはれ!」
赤い提灯の中には
金槌が入っているばかり
「佐助はん、寛太はん。もう1回一緒に来ておくんなはれー!」
果たして無事見つかるのか??

カンゲキ的見どころ

おなじみの喜劇に劇団初挑戦ということで、かぜん熱が入ります。
大詰めの追っかけっこの場面では、梅南座の花道が大渋滞?!全員全力の舞台に客席も大いに沸きました!

「おんどりゃー!」
温和な徳兵衛の豹変。
過去取材中最高のキレ方でした(笑)

次ページ:舞踊ショー&メンバー紹介です!