かんげき2023年9月号Vol.81

木戸番のエッセイ・天職先は大衆演劇!第26回愛染菊也~劇団紫吹~前編(2/3)

劇場:スパリゾート雄琴 あがりゃんせ
木戸番のエッセイ・天職先は大衆演劇! 第26回 愛染菊也 ~劇団紫吹~ 前編(2/3)

そんな、子役が、30年前に、関東は千葉にもいた。

12歳の中学生、幼い日の愛染菊也である。 いよいよ、このエッセイにも「劇団紫吹」の愛染菊也が登場する。

私が愛染菊也に会うのは、初めてではない。あがりゃんせ劇場には、2018年、2019年、2020年、2021年、そして今年2023年と5回乗っている。

つまり、私と菊也は長いお付き合いをしている間柄であり、私自身も菊也のことを真面目で芸熱心な役者だと評価していた。

しかしこのエッセイで、菊也に取材していると、菊也の口から「ぼくも修業時代、何回かドロンしています。」という、はなし。 (ドロン・・役者が劇団から、突然、脱げだすこと)

あの真面目で芸達者な菊也が、過去には、何度かドロンしたらしい。

この話(エッセイ)は、面白くなりそうだ。

(つづく)

愛染菊也あいぞめ きくや

プロフィール

小野直人

小野直人おの なおと

生年月日 1953年

1953年 滋賀県大津市生まれ。日本大学・農獣医学部卒業。
小野牧場オーナー、総合学習塾 啓数塾塾長、構成作家(テレビ、ラジオ)を経て、現在は、あがりゃんせ劇場の木戸番として、多くの大衆演劇の劇団や幅白い大衆演劇のファンと交流をもつ。「KANGEKI」で「木戸番のエッセイ」を連載中。

劇団情報

劇団紫吹

平成21(2009)年4月、若葉劇団で研鑽を積んだ紫吹洋之介座長が旗揚げ。 座長を中心として個性あふれるメンバーだが結束は固い。 各人の持ち味を大切に生かしながら舞台を繰り広げている。 深みのある人情芝居に定評がある。

劇団紫吹公演予定

劇場情報

スパリゾート雄琴 あがりゃんせ

滋賀県大津市苗鹿3丁目9-5

スパリゾート雄琴 あがりゃんせ公演予定

アトムプリント Tシャツなど各種衣類へのオリジナルプリント
アトムボックス 衣装ケース メイクボックス
役者さんにプレゼントしよう!劇団プレゼント 販促・舞台グッズ