KANGEKI2021年9月号Vol.61

特別公演劇団花吹雪夏のお楽しみ企画八尾グランドホテル劇場大盆まつり

劇場:八尾グランドホテル取材日:2021年8月15日
特別公演 劇団花吹雪 夏のお楽しみ企画 八尾グランドホテル劇場大盆まつり

2021年夏、八尾グランドホテルの恒例「夏休みフェスタ」が開催。ラジオ体操や抽選会などお客様参加型企画が連日行われました。

今年はさらに「劇場大盆まつり」として、お盆の3日間の夜は舞踊ショーだけでなくお芝居も上演されることに!
コロナ対策を厳重に取られる中、ゆっくり楽しまれるお客様の笑顔でいっぱいになった1日をレポートいたします〜

お昼の部 お芝居
「安太郎時雨」

あらすじ

仏一家の親分の後妻に入ったおまきは、とんでもない毒婦だった。一家の若い衆・吉松と好い仲になり、邪魔になった親分を、敵対する神楽獅子一家に殺させ、一家を乗っ取ろうと計画。
仏一家もおまきの天下と思いきや、3年間旅に出ていた代貸の安太郎と弟分の文治が帰ってきて、親分の死に不信を抱き…
劇団オールキャストで魅せる!
1幕5場の時代剣劇です。

配役

  • 仏一家 代貸 安太郎:桜春之丞
  • 文治:三代目桜京之介
  • おまき:桜彩夜華
  • お嬢さん:小桜明菜
  • 吉松:桜愛之介
  • 親分:三代目桜京之介(2役)

  • 神楽獅子一家 親分:桜京誉
  • 子分:小桜 誠
  • 子分:桜 恵介
  • 子分:小桜 丞
  • 食客 天童左門:寿美英二

序幕 夜道

仏一家の親分が
神楽獅子一家に斬り殺される
(左から寿美英二、三代目桜京之介、桜京誉)

第2場仏一家 親分の葬儀

「親分は酒に酔って崖から落ちて死んだんだ」
「違うわ。お父っつあんの身体には刀疵が…」
(左より小桜明菜、桜愛之介、桜彩夜華)
3年ぶりに兇状の旅から帰ってきた代貸安太郎は
親分の死に不信を持つ。
一足遅れて帰ってきた文治
「顔描きすぎだろ!」
(左より三代目桜京之介、桜春之丞)
「この刀が光った時、俺たちに禍が降りかかる…」(文治が旅で見つけた新兵器)

第3場 川端

「姐さん。あっしの故郷で一緒に堅気で暮らしましょう」
「お前は本当に優しい男だ… でもその優しさが大嫌いなんだよ!」
酔い覚ましに
橋のたもとに来た文治
吉松が死んでいるのを見つける
「丸に槙。このかんざしは…」
吉松をおんぶしてドヤ顔の文治
「雨は雨でも血の雨が降るぜ!」

第4場 仏一家

「親分。吉松。
仇は必ず討ちますぜ!」
「いっつも美味しいところ持っていくんだから(ブツブツ)」

大詰め 決闘場

仏一家のお嬢さんを捕らえて安太郎を待ち受ける
神楽獅子一家とおまき
(左より小桜丞、桜恵介、桜京誉、桜彩夜華、寿美英二、小桜恋、小桜誠)
「この刀で斬られたら面白いことを言って死んでいくんだ」
無茶ぶりに全力で応えるメンバーたち
ベテラン勢もボケ倒しますw
「大トリはお前だ!」
おまき、捨て身の絶叫!

カンゲキ的見どころ

安太郎(ツッコミ)&文治(ボケ)のテンポの良さ
「禍が近づくと光る剣」や「斬られたら面白いことを言ってしまう刀」など、両座長からどんなアドリブが飛び出すか、メンバーたちも戦々恐々(笑)。
決め所ではビシッと、暴れるところはとことん暴れまくる花吹雪剣劇、ぜひ舞台で!

自由人・文治を止められるのは安太郎だけ(笑)
ボケのキャッチ力が半端ない?!

次ページ:夜の部お芝居「ある日の殿様」です!