大衆演劇ファンとともに 大阪市内で観劇後のご滞在はホテルピボット・みかど・来山
役者さんにプレゼントしよう!タペストリー・応援グッズはこちら

木戸番のエッセイ・天職先は大衆演劇!第5回咲之阿国編~劇団あやめ貴妃~

木戸番のエッセイ・天職先は大衆演劇! 第5回 咲之阿国編 ~劇団あやめ貴妃~

大衆演劇の劇団の多くは座長とその家族で構成されている。
役者の家系に生まれた、いわゆる幕内の人間が過半数を占める中、一般家庭から役者になった人もいる。
何がきっかけでこの世界と出会い、日々過ごしているのだろうか?

劇場オープンから5年、木戸番兼劇団のお世話係を務めてきた著者が綴る実録エッセイ。
第5回は劇団あやめ 貴妃 咲之阿国(しょうの おくに)編です!

 

ログインして記事を見る

劇団あやめ

平成23年(2011)旗揚げ。
座長の姫猿之助は劇団花車の姫京之助ゴッドの次男。
劇団花車時代より、自らデザインした斬新な衣装を次々と発表するなど
移植の存在として注目を集め、2008年にはパリ・オペラ座での公演を成功させるなど、
大衆演劇の枠を超えて活躍。
旗揚げ後は座長のもとに集まった座員と共に研鑽を積み、独自の舞台を繰り広げ、客を魅了する。

劇団あやめ公演予定