演目豆辞典

大衆演劇では様々な題材が取り上げられており、黎明期である江戸時代から、人気のある演目というのがいくつも生まれています。ここではそういった演目や題材について少しだけ説明します。もっとよく知りたくなったら、劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。ただ、劇団ごとに演出や脚本がアレンジされていることもありますので、その違いを見極めるのも観劇の楽しさの一つです。細かい用語などについては大衆演劇豆辞典をご覧下さい。

このページでは「は行」の項目について解説します。

  • 拝領妻始末
    はいりょうづましまつ

    会津藩の物頭笹原伊三郎のもとに、藩主の側室・お市の方を息子与五郎の妻として下げ渡すという内意が下る。伊三郎は当初断ろうとするが…

    原作は滝口康彦の小説です。たびたびドラマ化や映画化されていますが、この話も史実を元としています。

    • 笹原伊三郎
    • いち
    • 笹原伊五郎
    • 笹原文蔵
  • 長谷川伸
    はせがわしん

    明治から昭和にかけて活躍した作家・劇作家(1884年(明治17年) - 1963年(昭和38年))。元々は新聞記者でしたが、やがて小説家・劇作家として著名になりました。股旅物の創始者で、「瞼の母」、「一本刀土俵入り」、「沓掛時次郎」、「関の弥太っぺ」などかなりの大衆演劇の人気演目が長谷川伸の作品です。また、池波正太郎や平岩弓枝、山岡荘八、西村京太郎などの作家の師匠でもありました。

  • 文七元結
    ぶんしちもっとい

    左官の長兵衛は人のいい左官だが博打好き。見かねた娘のお久は自ら身売りして、50両の大金を長兵衛に渡す。長兵衛がその金を持って家に帰ろうとすると、橋の上から身投げをしようとする男の姿が…

    もとは中国の民話で、明治時代に初代三遊亭圓朝が人情噺として落語化したものです。その後歌舞伎や大衆演劇でも上演されるようになっています。元結とは、江戸時代の男性がまげを縛る紙のことです。文七元結は江戸時代に実際にあった元結の種類です。

    • 長兵衛
    • お久
    • 近江屋
    • 文七
  • へちまの花
    へちまのはな

    丹波篠山に住む娘、おちょこ。気だては良いが、容姿には恵まれない。ある時、そんなおちょこと村長の息子の縁談が持ち上がって…

    対照から昭和にかけて活躍した、大阪喜劇の曾我廼家五郎(そがのや ごろう)による脚本です。ユーモラスなおちょこの演技にひきこまれる方も多い人気演目です。

    • おちょこ
    • 千次郎
  • 法界坊
    ほうかいぼう

    法界坊は金と女が大好きな破戒僧。悪党の手先となって小金を稼ぐ日々。法界坊が目を付けた永楽屋のお組は、手代の要助にほれている。しかし要助の正体は実は…

    本来は隅田川続俤(すみだがわごにちのおもかげ)という歌舞伎の演目です。隅田川というのは能の「隅田川」に由来しており、「都鳥廓白浪」(忍の惣太)と同じく「隅田川物」の一つとされています。法界坊は極悪人ながらもどこか憎めない愛嬌のあるキャラクターとして描かれています。

    • 法界坊
    • 要助
    • お組
  • 牡丹灯籠
    ぼたんどうろう

    旗本の娘、お露は浪人の萩原新三郎に恋いこがれ、下女のお米とともに身投げする。しかしその夜から、牡丹灯籠をさげたお米とお露が、新三郎の家に通う姿が目撃されるようになり…

    有名な怪談です。もとは中国の小説でしたが、明治時代になって初代三遊亭圓朝によって落語化されました。実は大変長い噺ですので、噺の一部が上演されることが多いです。

    • お露
    • 萩原新三郎