演目豆辞典

大衆演劇では様々な題材が取り上げられており、黎明期である江戸時代から、人気のある演目というのがいくつも生まれています。ここではそういった演目や題材について少しだけ説明します。もっとよく知りたくなったら、劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。ただ、劇団ごとに演出や脚本がアレンジされていることもありますので、その違いを見極めるのも観劇の楽しさの一つです。細かい用語などについては大衆演劇豆辞典をご覧下さい。

このページでは「や行」の項目について解説します。

  • 八百屋お七
    やおやおしち

    江戸を大火が襲い、八百屋の娘お七は家族とともに正仙院に避難する。そこで寺小姓の吉三郎と出会い、恋に落ちるのだが…。

    江戸時代に実際にあった事件を元にしているのですが、実態はよくわかっていません。井原西鶴好色五人女で描かれたほか、浄瑠璃の『伊達娘恋緋鹿子』では、振袖姿で火の見櫓に登って半鐘を打つ姿が描かれました。現在上演されるストーリーは、ほとんどが『八百屋お七恋江戸紫』という歌舞伎が元となっています。芝居だけでなくショーの題材として用いられます。

  • 弥太郎笠
    やたろうがさ

    貸元虎太郎のもとに滞在することになった、りゃんこの弥太郎。弥太郎は虎太郎の娘お雪にひかれるが、虎太郎が後妻を迎えようとしていることを知り…。

    もとは子母沢寛の小説で、3度映画化されています。

    • りゃんこの弥太郎
    • お雪
    • 虎太郎
    • 平井久馬
  • 四谷怪談
    よつやかいだん

    伊右衛門は田宮家(民谷家)の婿養子であったが、ささいなことから義父を殺してしまう。さらに金持ちの家に婿入りするため、邪魔になった妻のお岩に毒を与えて殺そうとする…

    もとは四世鶴屋南北の歌舞伎作品「東海道四谷怪談」がもとになっています。本来は忠臣蔵の外伝として書かれましたが、奇抜な演出が受けて非常な人気となりました。このため大衆演劇で上演される場合にも「ケレン」ある舞台が見物です。四谷怪談を上演する劇団は、必ず四谷のお岩稲荷田宮神社に参拝すると言われています。

    • 田宮伊右衛門
    • お岩
    • 直助
    • お梅
    • 小仏小平